INTERVIEW

工事部
2008年入社
小原 巴志

司令塔として、現場を動かすこと。
そこに大きな魅力を覚えました。

前職は、ラーメン店の副店長、
まったく未経験からのデビューでした。

以前は、チェーン展開しているラーメン店で働いていました。当社に転職することになったのは、知り合いだった社長に誘われたのがきっかけ。最初は「試しに働いてみるか」という軽い気持ちだったんです。当然、仕事の進め方はもちろん、道具の名前なども知りませんでした。そんな私が10年近くも勤め続けているのは、施工管理という仕事の面白さに魅せられたことが大きな理由ですね。司令塔として現場を動かしていくことが、とても楽しかったんですよ。

実践主義の教育でスピーディーに成長。
今では国家資格も取得しています。

放任、というわけではないのですが、社員の教育は実践主義で行われます。仕事はどんどん任されますので、まずはトライしてみる。上手くいかないことも多いのですが、だからこそ仕事に対する気づきも多く、理解も早まります。ある意味で「失敗させてくれる」わけで、他社で働くよりもスピーディに成長できるのではないでしょうか。資格取得の支援制度なども整っており、私も1級土木施工管理技士という国家資格を取得しました。

誰にでも担える仕事ではありません。
だからこその面白さがあります。

当社では多彩な工事を手がけていますが、多いのは下水道の推進工事です。これは、地下にトンネル状の穴を掘り、そこに管を通すという工事。測量などはしっかりと行うのですが、目で見て確認しながらの作業ではありませんので、難しさも伴います。ただ、だからこそ優れた精度を出せたときなどは、本当にうれしいもの。実は以前担当した案件で、現場を上手く回せたということで表彰してもらったんです。こうしたことも励みになっていますよ。

仕事に追われることのない環境。
私も、家庭を大切にできています。

施工管理や現場監督というと、ハードワークな仕事という印象を持たれがちです。ですが、基本的に実作業は協力会社の方々が手がけるものですし、とにかく当社の社風は自由そのもの。毎日のスケジュールなどは自由に組み立てられ、直行直帰といった判断も自分で下せます。自分の時間を持てないということは、まず考えられないですね。実際に、同僚のみんなも自分の趣味を満喫していますし、私自身も子どもと過ごす時間を大切にできています。

ENTRY

募集要項・エントリーはこちらからどうぞ。