SERVICE

地下インフラづくりを手がけます

都市生活に命を吹き込む、大動脈の地下インフラを手がけています。地下インフラとは、生活に欠かせない水道管や下水道管、ガス管などのこと。新設管はもとより、老朽管の入れ換え、リメイク、耐震工事など幅広く手がけています。また、敷設方法も、道路から直接掘って敷設する開削工法、掘削マシンによって敷設する推進工法を施工しています。

CONSTRUCTION WORK

非開削工法に欠かせない【立坑工事】

非開削工法には、シールドマシン、および推進掘削マシンから発進する基地となる立坑が必要となります。また、地下貯留槽や地下駐輪場といった、都市の地下空間を利用した構造物にも立坑が不可欠。立坑には深礎、ケーシング、鋼矢板、横矢板などさまざまな工法があり、当社においてはあらゆる工法に対応する技術と経験があり、高い評価を得ています。

都市機能や生活環境に影響が少ない【推進工事】

当社がもっとも得意としている工種です。推進工法は、都市機能を妨げることなく、生活環境への影響も少ない非開削工法の一つ。道路を掘削することが少なくなり、工事や専有面積の減少、騒音、振動、粉じんなど、工事公害の低減に優れています。当社では少、中、大口径推進によってさまざまな地盤に対応し、地下パイプライン建設に実績を重ねています。

人々の生活を守るために行う【河川工事】

近年、増加傾向にある局地的大雨による土砂崩れや川の氾濫対策として、川の幅員を広げる工事や、堤防建設、砂防工事などをさまざま手がけ、人々の生活を守っています。

社会の営みに必要不可欠な【舗装工事】

人々や車が快適に通行できるようにする、私たちの生活に密着した工事です。当社においても、傷んだ道路の修繕や、新しい道路の舗装工事を展開。また、歩道や公園内での景観向上のための、レンガ舗装もしています。

FOUNDATION WORK

地下構造物を構築するための【地盤改良工事】

地下の構造物を構築するには、地下深く掘る必要がありますが、場所によっては地盤が軟弱であったり、豊富な地下水があることで掘削できないケースがあります。そうした際に改良工事を行うことで地盤を強固に固めたり、水を止めたりします。その他にも、空間部への充填、宅地内への地盤強化など、多彩なニーズに応える地盤改良工事を用意しています。